インフルエンザとバファリンの関係性について調べている女性

インフルエンザの症状が出ている時にバファリンを服用してはいけないこと、知っていましたか?知らない方、結構いらっしゃると思います。種類によりますので、きちんと知識を得ましょう!

のどが痛い時のインフルエンザ治療薬の飲ませ方

子供というのはとにかく薬を飲むのを必要以上に嫌がるものです。子供を持つ親は子育ての様々な場面で非常に大変な思いをしているものですが、特に子供がインフルエンザ等の重い病気になっているのにも関わらず、なかなか薬を飲んでくれないというのは、親にとって相当堪えることなのです。
しかしいくら子供が薬を飲むのを嫌がっていたとしても、薬を飲まないことにはなかなかインフルエンザ等の病気も良くなりません。子供の為にもそして親自身の為にも、なるべく医者から処方された分の薬を服用して一日も早く回復するようにしましょう。
もちろん子供が薬を飲むのを嫌がるのには、それ相応の理由というものが存在しています。いくら子供だからと言っても、理由もなく嫌がることはないのです。例えば薬の味が苦くてまずい等といった理由が多く挙げられますが、インフルエンザになってしまった場合、時としてのどがとても酷く痛くなり、飲み物を飲むのさえもとても辛いという状況にもなったりします。のどが痛い状態で薬を飲ませようとするのですから、普段の薬嫌いと相まって、ますます子供は薬を飲みたがらなくなるのです。
インフルエンザでのどが痛い状態の時に有効的な飲ませ方とは何でしょうか。それはまずのど飴やトローチ等を舐めさせて、喉の痛みを少しでも取り除いてから飲ませるという方法です。トローチは市販されているものも病院で処方されているものもありますが、いずれにしても薬剤師等と相談してから正しく舐めさせた方が良いでしょう。喉の痛みが少しでも和らぐことによって、子供はインフルエンザの薬を飲みやすくなります。この方法ならば喉の痛みも軽減され、インフルエンザの薬も飲むので早く治るので、まさに一石二鳥でしょう。