インフルエンザとバファリンの関係性について調べている女性

インフルエンザの症状が出ている時にバファリンを服用してはいけないこと、知っていましたか?知らない方、結構いらっしゃると思います。種類によりますので、きちんと知識を得ましょう!

記事一覧

インフルエンザが鼻粘膜で増殖し意識障害が起きる脳炎

インフルエンザにかかって、けいれん・意識障害・異常行動等が急速に進行する神経症状が見られ、血管がつまったり、臓器が動かなくなる、その結果命にかかわる重篤な疾患をインフルエンザ脳炎・脳症と言います。

脳炎と脳症を区別するのは、難しいですが、脳に直接にウィルスが浸透し炎症を起こせば脳炎であり、脳内にウィルスが見つからず、過剰な免疫反応が見られる場合を脳症と言います。

脳炎と脳症は症状が似ています。が、重篤な症状は脳症です。重篤な脳症の方を説明します。脳症の発生は急です。インフルエンザにかかった1-2日で発症します。8割程度の確率で、発熱後、数時間から1日以内で神経症状がでます。特に有効な治療方法もなく、対症療法のみです。

現在は主に1-5歳程度の幼児がこの病気にかかります。

この脳症は原因がまだ解明されていません。しかし、有力説があります。インフルエンザウィルスは最初に鼻粘膜に感染し、ここで増殖し、全身に広がります。当然脳にもウィルスが侵入していると考えられます。しかし、脳炎においてはウィルスが発見できますが、脳症においては、ほとんど脳にウィルスを発見することはできません。

インフルエンザの毒性は強く、このために免疫系が強くダメージを受けます。インフルエンザはサイトカインに影響を及ばします。サイトカインは免疫調整・病原体排除の役割がある物質です。インフルエンザはこのサイトカインネットワークに影響を与えます。その結果過剰な免疫反応が起きて、高サイトカイン脳症になります。この脳症は意識障害が起きます。さらに悪化すると、呼吸がとまったり、臓器の障害へと進み、重篤化します。

鼻粘膜に一番近い脳は側頭葉といって、感覚・感情を調整する働きがあり、この側頭葉に障害が起きると、幻覚・幻聴が起き、異常行動に発展します。

続きを読む

インフルエンザ時に栄養ドリンクを飲まない方が良い?

風邪の時とは症状が違い、高熱が出て重症化してしまうと、命の危険性もでてきてしまうインフルエンザ。感染力も強いため、発症した場合には、できるだけ人が大勢いる場所には行かないようにすることも大切です。また、発症者を世話をする場合でも、感染を防ぐための対策はしっかりと行いましょう。
インフルエンザの場合には、発症した場合、できるだけ早めに医療機関で治療を受けましょう。市販薬などはほとんど効き目がないため、病院で処方箋をもらうようにしましょう。自宅では、症状がある程度治まるまで、安静にしている必要があります。また、高熱だけでなく、胃腸がやられる場合や、頭痛や吐き気などにより食欲が減退することもあります。そのような場合には、できるだけ消化のよい食べ物を食べることも大切です。栄養ドリンクなどで栄養を補うこともある程度効果が期待できます。ですが、カフェインなどが含まれていたりするため、カフェインにより眠りにくい状態になってしまうこともあるので、栄養ドリンクを飲む場合には、成分に注意しましょう。また、人それぞれ症状など状態が違うため、栄養ドリンクを飲んだほうがいいか判断に迷った場合には、医師に相談して飲まないほうがいいのか、飲んでも大丈夫なのかを聞いて、飲んでも問題ないと許可が出た場合には、飲むようにするといいかもしれません。
インフルエンザは、数日から1週間前後症状が続きます。ある程度治まったとしても、まだ体内にウィルスが残っていることもあるため、完全に治ってから外に出るようにしましょう。学校や職場には、インフルエンザが発症した場合には、無理に行かず、連絡をいれて休むようにしましょう。無理に集団がいる環境に行くと集団感染の可能性がでてきてしまうので、無理をしないことも大切です。

続きを読む

今年流行るインフルエンザ対策!予防接種や濡れタオル

秋ごろから冬にかけて流行するインフルエンザは、感染してしまうと高熱が出てしまいますし、咳や鼻水、くしゃみのほか頭痛や節々の痛みを感じる人もいます。高熱が続くと体のだるさがあって食欲が衰え、栄養が不足して体力が低下してしまうと免疫力も衰え、余計に長引かせてしまうことがあります。酷い状態にならないためにも、予防を心がけることが大切です。

インフルエンザが秋から冬にかけて流行る理由の一つに、湿度の低さがあります。ウイルスは乾燥した空気の中を浮遊して拡散しやすくなるためです。例年よりも早く感染者が出るような年は、湿度が低くなっていることが良くあります。家族に感染者が出たり、インフルエンザが流行して来たら室内の湿度を50から60%ほどに保つようにすると拡散しにくくなります。加湿器がない場合でも、濡れタオルを作って2から3枚ほど室内に干すようにすれば湿度を高めることに役立ちます。

事前に対策を行う意味で重要なのが予防接種で、流行のピークを迎える前に済ませておくことが大切です。以前は、今年流行する可能性が高い型が予測され、それに基づいてワクチンが製造されていました。このため、接種しておくと免疫ができて感染しても軽度で済むことが多くなります。予測と違う型が流行る場合もあるので、近年では混合型が採用されるようになっています。4種類混合ワクチンを接種することになり、料金がこれまでのインフルエンザの予防接種よりも高くなっています。

料金が高くなったことで、予防接種を受けることを控える人も増えてしまいましたが、インフルエンザは重篤な症状になることもあって、脳炎を起こしたりすると命の危険もあります。免疫力が低くなっている高齢者やお子さんは、できるだけ受けるようにするべきです。

続きを読む

のどが痛い時のインフルエンザ治療薬の飲ませ方

子供というのはとにかく薬を飲むのを必要以上に嫌がるものです。子供を持つ親は子育ての様々な場面で非常に大変な思いをしているものですが、特に子供がインフルエンザ等の重い病気になっているのにも関わらず、なかなか薬を飲んでくれないというのは、親にとって相当堪えることなのです。
しかしいくら子供が薬を飲むのを嫌がっていたとしても、薬を飲まないことにはなかなかインフルエンザ等の病気も良くなりません。子供の為にもそして親自身の為にも、なるべく医者から処方された分の薬を服用して一日も早く回復するようにしましょう。
もちろん子供が薬を飲むのを嫌がるのには、それ相応の理由というものが存在しています。いくら子供だからと言っても、理由もなく嫌がることはないのです。例えば薬の味が苦くてまずい等といった理由が多く挙げられますが、インフルエンザになってしまった場合、時としてのどがとても酷く痛くなり、飲み物を飲むのさえもとても辛いという状況にもなったりします。のどが痛い状態で薬を飲ませようとするのですから、普段の薬嫌いと相まって、ますます子供は薬を飲みたがらなくなるのです。
インフルエンザでのどが痛い状態の時に有効的な飲ませ方とは何でしょうか。それはまずのど飴やトローチ等を舐めさせて、喉の痛みを少しでも取り除いてから飲ませるという方法です。トローチは市販されているものも病院で処方されているものもありますが、いずれにしても薬剤師等と相談してから正しく舐めさせた方が良いでしょう。喉の痛みが少しでも和らぐことによって、子供はインフルエンザの薬を飲みやすくなります。この方法ならば喉の痛みも軽減され、インフルエンザの薬も飲むので早く治るので、まさに一石二鳥でしょう。

続きを読む

インフルエンザには掃除をしてアレルギーを撃退

最近の若者世代にとっては非常に問題となっているのが、それぞれの世代において抗体が弱まってきていることにあります。抗体が弱まっている原因の一つに、より多くの菌を受け付ける体ではなくなり、菌を受けるとすぐに病気になってきている点が課題となっています。特に多いのが、食事などを気にするあまりに菌を受け付けないような食事制限をしてしまい、実際に外に出てから食事をしたときに菌が原因で病気になってしまうことが良くあります。最近では子どもなどが外出した際に、幼稚園や保育園などでは周りの子どもたちが病気になっており、そこから菌をもらってきて、風邪をひいたり、時期によってはインフルエンザにかかってしまうような子どもも多くなっています。このような場合には、きっちりと病院で診断してもらうことが大切になってくるのですが、普段から予防をできるだけ心がけるようにしておくことも大切になってきます。最近では子ども向けにより多くの予防方法が提案されており、効果的なものもいくつかあります。特に効果的なものとしては、インフルエンザや風邪などは外出先でほかの人が感染している菌をもらって帰ってきて、家の中で蔓延させてしまうことが問題となっています。ですので、外出から帰ってきたときには、きっちりと手洗いうがいをしておくことで、外出先でももらってきた菌を除菌し流してしまうことができます。手洗いうがいだけでも風邪やインフルエンザの予防に関しては非常に効果的なのですが、さらに、部屋の中を掃除しておくことで外出先でもらってきた菌を除菌する効果があります。こまめに家の中を掃除しておくと、菌が繁殖するのを防ぐことができるため、アレルギー発症に関しても抑えることができるので非常に効果があります。

続きを読む

インフルエンザと人ごみと富山化学について

寒い季節になると流行するのがインフルエンザです。
インフルエンザは、秋頃から流行が始まって、3月頃までにピークを迎えることが多いです。
インフルエンザウイルスは、温度が低くて乾燥する環境を好みます。
ですから、加湿器を使って湿度を高くするのも、感染防止に有効です。
人ごみの中で、インフルエンザウイルスに感染する人は多いです。
健康な人でも、マスクをすることでウイルス感染から身を守ることができます。
インフルエンザは、風邪と違って重症化することが多く、合併症の心配もあります。
気になる症状が出たら、なるべく早く病院で検査を受けた方が安心です。
妊婦や子供、高齢者、免疫機能不全の患者は、インフルエンザにかかると重症化することがあるので特に注意が必要です。
治療に使われる抗ウイルス薬は、発症してから48時間以内に投与する必要があります。
48時間以内に投与できない場合は、抗ウイルス薬の効果が出にくくなってしまいます。
日本で新型インフルエンザを治療する薬として承認を受けた薬が、アビガンです。
アビガンを開発したのは、富山化学工業です。
アビガンは、細胞内での遺伝子複製を防ぐことでウイルスの増殖を防ぎます。
インフルエンザウイルスだけでなく、エボラ出血熱ウイルスに対する研究も行われています。
2015年には、フランス国立保健医療研究所が、エボラ出血熱治療薬としてのアビガンの臨床試験について、評価報告を行っています。
アビガン錠は、エボラ出血熱に対する抗ウイルス薬として、ギニア政府への緊急支援物質に採用されています。
また、中国の大手製薬会社に特許を供与したことにより、中国でもアビガンの特許を活用した抗ウイルス薬が開発されることになります。

続きを読む

インフルエンザは細菌にきく新薬だと効果がない

細菌に効果のある新薬はインフルエンザにも効果があるのかと思うかも知れませんが、インフルエンザの原因というのはウイルスが原因なので細菌に効果のある薬はインフルエンザには効果がないのです。
細菌に効果のある薬といえば抗生剤がありますが、インフルエンザにかかった時に抗生剤を飲んでも効果はありません。

しかし、日本では長らく抗生剤を処方されることが多かったのですが、その理由としては二次感染を防ぐためという名目で処方をされていて、弱った体に別の細菌によって更に症状が悪化するということを避けるために処方されてきました。
ところがこのような処方の仕方は近年になって効果が疑問視されるようになり、また抗生剤の乱用につながり耐性菌を生み出す原因となることからあまり処方されなくなってきたのです。

最近は通販などで簡単に処方箋が必要な薬などを手に入れることができるようになったこともあって、個人が勝手な判断でこれらの薬を用いることも増えてきましたが、そのような使い方をしていると肝心な時に薬が効かなくなってしまうので注意をしなければなりません。
インフルエンザに効果のある薬や、細菌感染に効果のある薬が何故簡単に入手することができないようになっているのかというと、それだけ扱いに注意をする必要があるということであるため勝手な自己判断で服用するのは極力避ける必要があるのです。
どうしても病院に行くことが出来ない時に、仕方なく利用をするということもあるかもしれませんがそのようなやり方にはリスクが有ることを理解しておかなければなりません。
症状にあった薬を選択しなければ、効果がないばかりか逆効果になってしまうので素人判断は危険なのです。

続きを読む